嫌韓日本人と親韓日本人

嫌韓ゆうじんと親韓けんごがお互いの主張をぶつけ合う!!

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

1022

ジャーナリストという名のただの批判屋  

こんにちは(・∀・)

すっごいかっこいいタイトルですが、
内容はそんなことないです(笑)

色んな意味で参考にしているサイトに
BLOGOS」というのがありまして、
日刊ゲンダイ読むくらいの気持ちで読んでおります。
論調がちょっとアレなんで、
どうもキナ臭いんですが
実際あんまり興味なかったりします(;´∀`)

でも誰がやってんだろって思って今調べたら、
運営会社LINEやん(笑)
そりゃまぁわざわざご苦労さまです(笑)

で、昨日スマートニュースで読んでいたら、
タイトルで絶対安倍政権、若しくは自民党を批判する内容と
思われる記事を発見したわけですよ!!

我が第2次安倍内閣
世襲議員率50%は何を意味するのか考察する
- BLOGOSより


どうです?
日刊ゲンダイのような煽りでしょ?(笑)
こりゃ読みたくなるってもんです(・∀・)

んで読んでみたら
もうタイトルから得られたイメージそのままの
内容なわけですよ!

国会議員の人数とプロ野球選手の人数が
それぞれの数があっているからという理由で
2世がいる比率がっていう話をするわけですが
もうワケワカメなんですよ(´・ω・`)

だってそもそも違うじゃん!!
比べられないじゃん!!!
味噌もクソも一緒じゃん!!!!

世襲だろうとそうじゃなかろうと
それこそ糞は糞ですから、
世襲の是非は抜きにしてもですよ、
ひとまず世襲はいまの日本では
非常に合理的な1つのシステムだと
思うんです。

ここで大事なのはあくまでも
「いまの」日本ではってとこですよ!
つまりは選挙制度に切り込まなければ
いけないわけで、

本来能力本意で抽出すべきエリート層なのに、抽出段階で「親の後を継ぐ」ものにアドバンテージが働くならば、そのエリート層が劣化するのは必然です。


と言ってドヤるだけではただの
言いがかりでは?
と思うのですよ。

じゃあどうしたら良いと思うの?
具体的に言っていただきたい!

現状維持でOKとは思いませんが、
はたして現状はそこまで弊害が出てるのでしょうか?

今回の小渕優子議員に関しては
これはあくまでも彼女の事務所の問題であり、
こういった問題が起きるのは
世襲だからというのは暴論ではないでしょうか?

ただある程度賛同できるのは

「親の後を継ぐ」ものに能力に関係なくアドバンテージが働くならばその集団が劣化するのは必然です。
健全な適者選択システムが機能しないことは日本の政治にとって不幸なことかもしれません。


この部分で、
でもそのためには選挙制度改革以外に道はないでしょう。

金が掛かり過ぎることもそうですし、
金が掛るのに逆に立候補者の金の使い方を
必要以上に縛っている。
もちろん金の流れはしっかりと追えるようにするのは
大前提です!!

上記以外にももちろん問題があるのでしょうが、
少なくともこういった部分を変えることで
不透明さは薄れ
経費自体も少なくなり、
世襲でなくとも立候補しやすくなる
ということは当選確率は確実に上がるわけです。

で、ここでようやくタイトルの話になるんですけど、
ジャーナリストを名乗る人たちは
なんでも「現状」を批判すればそれで
仕事を果たしたと思っておられる方が
多いように見うけられます。

彼らの取材活動には
携わったことのない人間には
到底分かり得ない苦労もあるのでしょうから
それだけとは言いませんが…

ただ公に発言する権利を持っているという
一点において我々とは
一線を画すわけで、
そこには政治家などと同じく
ある種の公人としての側面も持つと思うんです。

であるならば彼らの果たす責任とは
批判して民の喝采を浴びることではないはず!

国内的には
もしかしたら一国会議員よりも
一ジャーナリストのほうが
影響力を持つことだってあるんじゃないですか?

じゃあ批判するなら対案を出す!!

民主党にあなた達が言っていたことです。

日本人が政治に興味が無くなった

政治と金が原因でどうのこうの

だけではないですよ。

斜に構えて報道することで
そこに影響されて
政治、カッコ悪い
選挙、カッコ悪い
ってなっている人もたくさんいるんじゃないですかね?

白痴化計画があるならそれはそれで
しょうがないので何も言いませんが、
少しでも国を憂えて報道に携わっておられるなら
批判⇒対案
この図式をしっかりと作って欲しいと
思います。

なんだかまたわけわからんことになりましたが、
これにて終わりです(;´∀`)


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングならblogram
応援お願いしますm(__)m

Posted on 2014/10/22 Wed. 12:35 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 公明党の掲げる平和とは  |  門司港に来た(^ω^) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://japankoreablog.blog.fc2.com/tb.php/20-c3d585a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

お知らせ

blogram

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。