嫌韓日本人と親韓日本人

嫌韓ゆうじんと親韓けんごがお互いの主張をぶつけ合う!!

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

1024

公明党の掲げる平和とは  

こんばんは!!

ちょっと鮮度の落ちるニュースですが、
公明党の沖縄支部が事実上の仲井真知事

2014040300007_1.jpg


不支持宣言をしました。

沖縄知事選、
自主投票を決定=「仲井真氏の支援困難」-公明

時事ドットコムより


公明党沖縄支部は

米軍普天間飛行場移設問題に関する提言

をみてもわかるように
普天間飛行場の県外移設を
未だに唱えているようです。

もはやそれは不可能であるにも関わらず、
選挙対策としてこういう決定を出す公明党ですが
彼らの訴える平和とはなんなのでしょうか?

未だ持って沖縄の戦略的価値は高く、
また日本の国境でもあります。

まさにいま中国からの侵略をうけんとしている
我が日本にとって、沖縄県民にかける負担は
非常に心ぐるしいながらも沖縄の存在抜きには
日本の平和はある意味では維持できないと言っても
過言ではないはずです。

ちなみにある沖縄県民の方のブログですが、
非常に興味深いのでご覧いただきたいです。

沖縄に内なる民主主義はあるか

こういった意見もあればまた違った意見があるのも当然でしょう。

ただ日本国民として
自分たちの沖縄を非常にクレバーに
捉えている方にとって
2009~のいまのこの迷走は
非常に不本意なものなのだと読んでいて
痛感いたします。

非現実的な公約を
あくまで押し通す姿勢は
現政権与党として正しいとは
到底思えません。

それは泡沫政党だからこそ
許される「戯言」であり、
責任政党としては
やはり根拠抜きではいけないでしょう。

また中央と地方支部の意思疎通が取れていないのか
逆に取れているからこそなのかはわかりませんが、
取れていないのならそもそも問題ですし
取れているならその二枚舌っぷりというか、
よく言われる鵺のような政党との誹りを受けるのは
当然でしょう。

ほんとに彼らの唱える平和とはなんなのでしょうか?

ただ単に信者の受けを狙って
平和平和とお題目を唱えているようにしか
思えません。

責任政党としての役割を
もっと自覚と言うとおこがましいですが、
いい加減都合が悪くなると
まるで野党のようになる癖を
なくしていただきたいです。

おやすみなさいませ(*´ω`*)


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングならblogram
応援お願いしますm(__)m

Posted on 2014/10/24 Fri. 00:50 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 韓国にとっての日本  |  ジャーナリストという名のただの批判屋 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://japankoreablog.blog.fc2.com/tb.php/21-58133fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

お知らせ

blogram

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。